メンタルヘルスを学ぶ vol.5

こんにちはまるかつです。

今回はメンタルヘルス不調のサインには
どのようなものがあるのか?

ここらへんについて少しまとめます。

周囲に該当する人がいれば…
少し気にかけてあげると幸いです。

過去記事も一部ご紹介します

🔽 ストレスとは? 🔽
メンタルヘルスを学ぶ

🔽 ストレスによる健康障害のメカニズム 🔽
メンタルヘルスを学ぶ vol.2

これ以外の記事も下の
カテゴリーから検索出来ます!

では本題へ

メンタルヘルス不調の現れ方と対処

  • メンタルヘルス不調のサインにはどんなものがあるか?
  • 管理監督者の対処として重要なことは何か?
まるかつさん

メンタルヘルス不調のサインを覚え
ぜひあなた自身や、あなたの周囲のご確認を!!

メンタルヘルス不調のサイン

メンタルヘルス不調のサイン(兆候)となる行動を、次のまとめのように、パフォーマンス低下、勤務状況の悪化、職場トラブルの増加などが挙げられます。

作業効率・生産性

❏ 事故(業務上・業務外)やミスが多くなる(不注意・判断力不足)
❏ 同じパフォーマンスを上げるのに今まで以上に時間がかかる
❏ 締め切りまでに仕事が終わらない

仕事の様子

❏ 席をはずしていることが多い
❏ 仕事中にそわそわして落ち着きがない
❏ パソコンに向かってボーッとしている

勤務態度

❏ 無断欠勤、遅刻、早退、病欠が多くなる
❏ 休日明けまたは休日の前日に欠勤が多い

身体状況・表情

❏ 顔色が悪い、表情が乏しい、生気がない
❏ 急にやせる(または太る)
❏ 疲労感、倦怠感、不眠、食欲不振などを訴える

言動

❏ 身だしなみや態度がだらしなくなる
❏ 終始何か考え込んでいて、せかせか、イライラしている
❏ 投げやりになる
❏ 極端に口数が少なくなる(または多くなる)
❏ 泣き言をいったり、退職をほのめかす

対人関係

❏ つきあいが悪くなる
❏ 周囲に対して疑い深くなったり、被害妄想的になったりする
❏ 人を避ける、人の視線を怖がる
❏ 些細なことで他人に八つ当たりする、攻撃的になる

問題行動

❏ 飲酒量が増える
❏ ギャンブル、衝動買い、過食、借金、異性とのトラブルが頻発する

どうでしょうか?自分自身やまたは周囲の方にこれらに該当する症状は現れてませんか?
私の場合もこれらの症状がありました…早期発見が何よりも大切です!メンタルヘルス不調のサインを是非見逃さないように!

職場での管理監督者の対処

管理監督者として、早期発見・早期対応が求められます。部下の不調のサインを早めに察知することが大事ですが、日頃から部下と適切なコミュニケーションを取り、部下から相談しやすい環境をつくっておくことも重要です。

また、サイン(兆候)が現れた従業員とは、個別に別室で面談し、業務に起因するものは職場で調整する必要があります。また、ストレス関連疾患がみられる場合には、産業保健スタッフにつなげたり、医療機関受診の意思確認をしたりするなど、医療へつなげることが必要です。

社会資源の活用

メンタルヘルス不調への対応は個別性が高く、管理監督者として対応に悩むことも多いです。さらに産業保健スタッフが充実していない職場では、管理監督者が問題を一人で抱え込みやすく、管理監督者自身のメンタルヘルスにも影響します。

管理監督者は、決して一人で抱え込まず、産業保健総合支援センター、地域窓口(地域産業保健センター)などの事業場外資源を活用することも必要です。

まるかつさん

ここが大切なポイントです!

『業務に支障をきたしているか』がポイント!
部下の業務遂行に支障がある場合は、上司は健康管理処置を行い(安全配慮義務)、部下はそれへの協力が責務(自己保健義務)となる。

はい!今回はここまでです。
如何だったでしょうか?

私自身は以前勤めていた会社では
メンタルヘルスに関しての知識や対策などが

まだまだ足りていませんでした。

当時私も管理監督者の立場でしたが…
自身のメンタルケアをして下さる方が誰も居らず…

結局は適応障害を発症してしまいました。
でもまだ私は軽度で済みました。

早期発見・早期対応の制度があれば
会社を休むこともなく、別の道や立場があった
かもしれません。

本当にメンタルヘルスケアマネジメントの知識は大切です。

一人でも多くの方に知って頂くために
今後も不定期ですが、更新致します。

それではこの辺で!またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

Twitterを考察する。Vol.15