笑顔をつくると、ハッピーになれる!

こんにちはまるかつです。

最近笑ってますか?
わたし自身が最近怖い顔が多かったみたいで

あらためて「笑顔」を意識しています。

じつは「笑顔」をつくると…

10秒でハッピーになれるんです!

知ってましたか???

「笑う」効果に関して、カリフォルニア大学が
興味深い研究を実は発表しております。

被験者の心拍数、体温、肌の電気信号
筋肉の緊張などを測定しながら

笑顔、恐怖、怒りの表情をしてもらいます。

すると「笑顔」をつくると
わずか10秒で、「安心」しているのと
同様の身体的な変化があらわれました。

同様に「恐怖」の表情をつくると
恐怖の身体的な変化があらわれています。

笑顔をつくると…

「10秒で緊張が緩和して,ハッピーな気持ちになれる」

という事です。

笑顔の効果には、即効性があります。

脳科学的にいうと、笑顔をつくると

・セロトニン
・ドーパミン
・エンドルフィン


という3つの脳内物質が出ます。

これらの物質が出ると
ストレスホルモンが下がり

副交感神経が優位になります。

つまり、笑顔には緊張を緩和して
ストレスを解消する作用があるのです。

ちなみに先程挙げた3つの成分が
以前記事でも紹介した内容ですので

少しご紹介します。
🔽 過去記事紹介 🔽
魔法のことば「ありがとう」

上記の記事でちょっとした説明を
しておりますので気になる方は,是非チェックして下さい!

制作:まるかつさんんpおんぷ♪

笑顔は最強の脳トレであり,ストレス発散法なのです!

笑顔の8つの効果٩(๑´0`๑)۶

ここで実際の笑顔で生まれる効果をご紹介です。

参考/「頑張らなければ、病気は治る」
( 樺沢 紫苑 著、あさ出版 )

❏ 笑顔の効果 ①

免疫力が高まる

☺ 笑いによって、がん細胞を殺すNK細胞の活性が上昇する。
☺ 笑いによって脳内のエンドルフィン濃度が上昇し、免疫力が高まる。

❏ 笑顔の効果 ②

ストレスが緩和される

☺ 笑いによって、ストレスホルモンのコルチゾールが低下する。
☺ 笑いは腹式呼吸なので、セロトニンが活性化され、結果としてストレスが緩和される。

❏ 笑顔の効果 ③

痛みが緩和される

☺ 15分の笑いで、痛みの許容レベルが10%上昇する。
☺ 笑いによって、鎮痛物質・エンドルフィンが分泌される。

❏ 笑顔の効果 ④

各種身体症状に効果がある

☺ 笑うと血管が開き、血圧低下、心臓に影響を与える。
☺ 笑いは、血糖値の上昇を抑える。
☺ 笑いは、便秘解消になる(自律神経のバランスが整う)。

❏ 笑顔の効果 ⑤

記憶力が向上する

☺ 笑顔によるコルチゾール抑制作用によって海馬のニューロン損失が減少し記憶力が向上する。
☺ 笑うことで脳波のアルファ波が増えて、リラックスした状態となり、集中力、記憶力が高まる。

❏ 笑顔の効果 ⑥

幸せになる

☺ 笑いによって幸福物質ドーパミン、快楽物質エンドルフィンが分泌されるにで「楽しい」「幸せ」な気分になる。
☺ 笑顔でいる人は、30年後の幸福度が高い。

❏ 笑顔の効果 ⑦

考え方がポジティブになる

☺ 笑顔を作るだけで、考え方がポジティブに変わる。

❏ 笑顔の効果 ⑧

長生きする

☺ 満面の笑顔の人は、そうでない人より、7歳長生きする。

笑顔を作るだけで
こんなにメリットが沢山!

前職時代にわたしも接客中は
常に笑顔を意識してました。

笑顔でいれば自然と周りも笑顔になりますよね!

少し落ち込んでいる時も
表情だけ笑顔を作れば

あっという間に
幸せな気持ちが生まれてきます!

今日からみんなで笑顔をはじめましょう!

はい!それではこの辺で
またね〜☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA