「行動力」と「判断力」を考える。Vol.1

こんにちわ!まるかつです。
今回は「行動力」と「判断力」というテーマをノープランブログで少しお話ししたいと思います。

振り返るとこの1ヶ月間があっという間過ぎて、会社に働いていた時よりもありえないくらい行動してました。自分にこんな「行動力」があったとはとふと振り返りで考えた時に思いました。

そもそも「行動力」ってなに?…と気になることは調べると本当にオモシロイ!

そして新たに知識が増えるのも楽しいですね!インプットしたらアウトプット!
さっそく色々とお話します!

行動力とは。

行動力とは『 積極的に目標や目的のために行動できる力 』
状況を変えたい、理想の自分に成長したい、目的・目標を達成したい…などなど。
この「思ったことや考えたことを実行する力」が「行動力」になります。

「行動力」は計画を立てずとも思い立ってすぐに行動に移すといった場合によく使用されます。

行動力が高い人と低い人で大きく違ってくることが「経験」です。
すぐに行動できる人は、その数に見合った分の経験が得られます。その経験の良し悪しもありますが失敗もまた今後の教訓に変わるため、何もしないより大きく成長に繋がります。

また経験の他に行動することによって「人との出会い」があります。
行動すればその数に比例し、新しい出会いがあり、多くの人に出会うことによって同時に自身の選択の幅を一気に広げることができるようになります。

ある本に『行動力を構成する4つの要素』ということが書かれていました。

  • 主体性
    行動力の源泉となる『目的をみつける力』になります。
    現在どんな問題に直面し、どんな原因があるかなど…積極的にアプローチするスキルです。
  • 挑戦志向
    自分自身の能力を客観的に把握し、それよりも少し高い位置にあるものを見つけるスキルです。
    常に新鮮な目的をつくり続けるために、挑戦志向が大切です。
  • 知的好奇心
    広い視野を持つと行動力は向上します。知的好奇心はその「視野」といっても過言ではありません。
  • 優先順位付け
    行動を阻害する要素として「なにからしていいかわからない、やることが多すぎてわからない」などの迷いです。まず最初に何をすべきかを冷静に順位付けできれば、行動リストの渋滞を防げます。

行動力を向上させるには「目的」を与えることと、上記に挙げた4つのスキルを伸ばすこととです。行動力を細分化することでさまざまなスキルが見えてきます。

行動力がある人の特徴もまとめてみました!

  • 責任感があり、貢献意欲が高い。
    相対的に行動力がある人は、他者やコミュニティに貢献したいという気持ちが強いです。
    決めたことの対する意志力が強く、志向や発言で終わらずに実行し、最後までやり遂げようとします。
  • 行動力がある人が周りに多い。
    行動力がある人が集まる環境に身を置いていると、それに感化されて自然と行動力が高くなる傾向があります。
  • 好奇心が旺盛で、向上心がある。
    自分が知らない知識や経験のないことに対して、どんどん興味を持ち、成長意欲も高いので、たとえ失敗しても失敗から学ぼうとする気持ちの切り替えも早い。

逆に行動力がない人の特徴はこんな感じです。

  • マイナス思考で消極的
    「失敗したら…」などのリスクばかりを気にし、自分に自身が持てなくて、物事に対して消極的。
    過去の失敗や経験が、足を引っ張っている可能性もあります。
  • 受け身になっている。
    生まれた環境やいる環境の管理が厳しく、言われたことをやることが当たり前になっている人は、指示されたことへの行動力はありますが、自主的に動く力は弱めです。
  • 言い訳癖がある。
    全ての事柄に対して「行動しない理由」を探して先延ばしにします。
    シンプルに行動するのが億劫で何もしない場合もあります。

こうして見ると、わたし自身はすごく行動にムラがあったと思います。
それは自身がやりたいと思った時は桁が違うぐらいい動いて、興味や関心が無いことはただ指示に対して動くだけ…。もしかしたら結局行動力が無くなっていったのかもしれませんね。

やはり「目的や目標」をもつことが大切ですし、行動力がないよりある方が断然に良いです!
そしてなにより会社で働いていた時より断然に日々が楽しい。

行動することでやはりさまざまな「ことや景色」が見えてきますね!

「判断力」も書こうと思っていましたが…既に長文…。
なので2回に分け、明日に「判断力」Vol.2を書こうと思います!

それではこのへんで!また!

「行動力」と「判断力」を考える。Vol.1” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA