初めてのWebサイトづくり。

こんにちわ!
Maru Katu Netの”まるかつ”です。

40歳で会社を辞めて無知識なのにITの世界に飛び込みました!

そんなわたしでもWebサイトを立ち上げることができ
こうして少しずつブログの記事の作成を行っています!

今も常にわからないことだらけでPCと格闘する日々なのです。
そんなわたしにWebスキルを教えてくれるのは動画とGoogle先生と本…。

前職の経験から覚えたことはOutputしないと意味がない!なので少しずつでも勉強用にブログを書こうと思います。
同じような境遇の方に少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに
よく参考にしている動画サイトは ▶▶▶ ドットインストールさん
短い動画で色々と教えてくれるので、毎日動画を見ながらひたすらコードをカキカキしてます。

それでは今回はWebサイトを作る準備のお話しです!

まずWebサイトを作るにあたって色々とGoogle先生に尋ねるとよく検索でヒットするのが

WordPress (ワードプレス)です!

WordPressって?

個人ブログから企業サイトまでさまざまなWebサイトで利用されているシステムです。
特別な知識がない私でも本格的なWebサイトが簡単につくれます!!
Webサイトというのは『HTMLのほかにCSSやPHP』という仕組みを使って作成されていますが、そういった専門知識が必要な部分を代わりにこなしてくれるのがこの”WordPress”なんです!WordPressはWeb上で無料で公開されているので、世界中で利用されてます!

このシステムを使ってWebサイトを管理していきますが…その前に!!
順を追って説明します。

Webサイトを作るのに必要な準備を知ろう!

正直Webでサイト作るのに何が必要で、どれだけ維持費がかかって…
そんなこと一切考えてなく…どこかの某ブログサイトみたいなところでブログを書いていた感じで簡単に思っていましたが…。
ちょっと違いました!(ちょっとどころではないか。)

まずそもそも『Webサイトが表示される仕組み』をちゃんと理解してませんでした!

▶ Webサイトが表示される仕組みとは!?

Webサイトの仕組み

Webサイトを表示するには、まずブラウザでURLを入力して、Webサイトのデータが保管されている「サーバー」を検索する必要があります。サーバーというのはWebサイトに必要なファイルを保存しておく場所のことです。サーバーに保存されたファイルが、ブラウザ上でWebサイトとして表示されるんです。つまり…Webサイトを公開するには”サーバー”と”URL”が必要になるのです

② 「サーバー」はレンタルサーバーを借りる。

Webサイト製作者はサーバーにWebサイトのデータを転送する必要があります。
ただ、この転送作業については最初に説明したWordPressが行ってくれるので特に気にしなくても大丈夫です!

しかし!サーバーの用意はしなければなりません…。
「サーバー?」「用意?」ってわたしは少し固まりましたが、さまざまな会社がサーバーを月額数百円〜でレンタルできるサービスを提供しているので、これを利用します!簡単にイメージを伝えるとWeb上にある貸ロッカーみたいなもんです!

でわでわ問題は「 どのサーバーでレンタルすればいいの?? 」ってことです。
実際わたしが使用しているレンタルサーバーは”さくらインターネット””スタンダードプラン”です。



高速・安定・無料SSL付!月額524円でWordPressが使えるさくらのレンタルサーバ

理由はいくつかあり、初期投資や月額の面も大きいですが…
WordPressの「 簡単インストール 」の機能が本当に簡単そうですぐにできそうだったから!ということです。
レンタルサーバーの管理画面から指示に従い、クリックしていくだけでWordPressをインストールできるようになっていました。

さらにプランですが…
サーバーの容量や機能に応じてのプランが用意されていますが、一番安い「ライトプラン」では、データベース機能が利用できないため、WordPressをインストールできません!なのでWordPressを利用される方は「スタンダードプラン」以上を選ぶ必要があります。
個人サイトであれば「スタンダードプラン」容量的にも十分だと思います。

③ 自分だけの”URL”を取得する!

サーバーにデータが置いてあるだけでは訪問者はそのデータにたどり着くことができません。
そこで必要になるのが「 住所! 」いわいる「 URL 」です。この「 URL 」を決めるのが「 ドメイン 」です。

例えば「 http://○○.jp 」というURLでは「 ○○.jp 」の部分がドメインになります。
このドメインは、”早い者勝ちで自由な名前を取る”ことができ、そのようなドメインを「 独自ドメイン 」と言います!

ちなみにわたしのサイト「 https://maru-katu.net 」では「 maru-katu.net 」の部分が独自ドメインになるます。

お店や会社の名前でドメインを持っておくとWebサイトの信頼度があがるそうです。

🔽 こういったサイトでドメインを取得出来ます!気になる方は一度調べて見て下さい。

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ちなんです! ━━□■
■お名前.com

まとめ

今回はWebサイトづくりを始める段階で準備するものについて少し書かせて頂きました。
このままサイトづくりまで書くと今のわたしでは日がくれてしまうので、一旦ここで終わらせて頂きます。。。すいません。

また勉強してOutputの場を設けてみようと思います。
少しでも皆様の参考となにかのきっかけにできればありがたいです。それではまた!



さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA